白ネギと青ネギで栄養が違う?【管理栄養士監修】

ネギは大きく白ネギ(根深ねぎ)と青ネギ(葉ねぎ)に分けられ、種類によって栄養価や調理法が異なります。今回はネギの種類や栄養価、ネギの調理法のコツを紹介します。

白ネギと青ネギで栄養が違う?【管理栄養士監修】
出典 : 白ネギと青ネギで栄養が違う?【管理栄養士監修】

ネギにはどんな種類がある?

ネギにはどんな種類がある?

Oleg Mikhaylov/Shutterstock.com

ネギは大きく白ネギと青ネギに分けられます。もともと関東では「ねぶかねぎ」と呼ばれるネギが主流で根本の白い部分を食べていましたが、関西以西では緑色の「はねぎ」が一般的でした。ネギの白い部分も上部の葉の部分もネギの葉にあたるので、食している部分は同じです。
これらの色の違いは育て方の違いに由来します。

白ネギ

ネギにはどんな種類がある?

Akkalak /Shutterstock.com

土をかぶせて日光に当たらないように育てることで、白い部分が多くなり、甘みがあるので煮込み料理や焼き鳥に向いています。白ネギには、加賀ネギ、千住ネギ、下仁田ネギ、曲がりネギなどがあります。

青ネギ

ネギにはどんな種類がある?

SOMMAI /Shutterstock.com

土を盛らずに育てることで緑の部分が多くなるように育てられます。根本まで青い青ネギが主流で、万能ネギややっこネギ、植物学上はネギとは別の種類になりますが、ワケギなどが代表的です。11~2月が旬ですが、現在は一年を通して食べられます。

ネギに含まれる栄養とは?

ネギに含まれる栄養とは?

Phrompas/Shutterstock.com

白ネギの栄養と青ネギの栄養

白ネギと青ネギでは栄養素が異なります。白ネギは淡色野菜、青ネギは緑黄色野菜に分類されており、含まれている栄養も異なります。

白ネギに多く含まれる栄養

白ネギには、主にビタミンC、β-カロテン、カルシウムなどの栄養素が含まれています。栄養素面では青ネギの方が多く含まれていますが、ネギ特有の臭いの原因物質である「アリシン」は白ネギの方に多く含まれています。

アリシン

アリシンはもともと硫化アリルという栄養素ですが、体内に入るとアリシンという成分に変わります。アリシンは、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を高めてくれます。

青ネギに多く含まれる栄養

青ネギは、ビタミンC、β-カロテン、カルシウムといった栄養素の含有量が白ネギを大きく上回っています。例えば、β-カロテンは白ネギの83μgに対して、青ネギには1500μg含まれていますし、ビタミンCやカルシウムも青ネギの方が2倍以上含まれています。また、ネギの青い部分に含まれている「粘液」に免疫力を上げる効果があることが報告されています。

粘液

昔から「ねぎを食べると免疫力がアップする」と言われてきましたが、最近の研究によると「粘液」には、唾液分泌中のIgA抗体の数、血中NK活性を向上させ、免疫力をアップさせる可能性があるとのことです。
引用元:http://www.jsapa.or.jp/tokusan/seminer/h27ueda.pdf

ネギの栄養を逃がさない調理方法のコツ

ネギの栄養を逃がさない調理方法のコツ

PosiNote/Shutterstock.com

効率的に栄養を摂取するのであれば、以下のことに気を付けてください。

生で食べる

ネギに熱を加えると酵素が失活し、アリシンが減少します。

長時間水にさらさない

長時間水にさらすと水溶性の栄養素が流れ出てしまうので、さらしすぎには注意が必要です。

保存をするときは水気を切る

保存する際は、洗ってから水気をよく拭き取り、ラップに巻いて保存します。密閉できる保存袋でも問題ありません。また、保存前に小口に切っておけば解凍せずに直接料理に使用することができます。

まとめ

1年を通してスーパーなどで購入ができるネギは、さまざまな料理で活躍してくれます。ネギの種類や調理方法によって栄養価が異なるので、目的に応じて使い分けることが大切です。美味しく食べられるように工夫してみてください。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事