【管理栄養士監修】山芋にはどんな栄養がある?効果的な食べ方についても紹介

「とろろ」「口の周りがかゆくなる」「お好み焼きに入れるとふわふわになる」など、山芋のイメージは人それぞれです。さまざまな料理に使える身近な食材の山芋ですが、意外と知らないことも多いのではないでしょうか。 この記事では、山芋の種類や栄養価、成分、さらにおいしい食べ方について紹介します。

【管理栄養士監修】山芋にはどんな栄養がある?効果的な食べ方についても紹介
出典 : jiangdi/Shutterstock.com

山芋の種類は1つじゃない?

山芋の種類は1つじゃない?

Lotus Images/Shutterstock.com

わたしたちが山芋と呼んでいるものが、実は一種類ではないことをご存知でしょうか。まず、正確には山芋という品種自体は存在しません。山芋とはヤマノイモ科に属する芋類の総称なのです。
日頃、スーパーでもよく見かける長芋に加えて、つくね芋やいちょう芋などの大和芋、さらに自然薯などもまとめて山芋と呼びます。

山芋に含まれる栄養や効能とは?

山芋に含まれる栄養や効能とは?

jreika/Shutterstock.com

ここでは、山芋の中でも特に食卓に並びやすい長芋を例に紹介します。

タンパク質

長芋は、良質なタンパク質やビタミンB群、ビタミンCなども含まれています。特にタンパク質が豊富で、100gあたり2.2g含まれています。100gの豆乳に含まれているタンパク質が3.6gであることを考えると、6割程度の量になるので少なく感じますが、天下の大豆製品に肉薄するだけのタンパク質を含んでいる製品はそこまで多くはありません。例えば、他の野菜と比べるとレタスの4倍、トマトの3倍のタンパク質が含まれています。

カリウム・マグネシウム

長芋はカリウムやマグネシウムなどのミネラルも多く含んでいるため、高血圧予防に効果が期待できます。具体的には高血圧予防に効果があるとされるアボカドの半分程度の量がですが、長芋はすりおろすことでアボカドよりも量を食べることができるため、実際の摂取量はアボカドを上回ることも珍しくありません。

その他の栄養素

消化酵素を多く含むのも山芋の特徴です。胃もたれ解消や胃腸機能の回復にも役立ちますし、山芋は消化酵素アミラーゼによりでんぷんの一部が分解されるため、生でも食べられます。

山芋の栄養がたっぷりになる旬はいつ頃?

山芋の栄養がたっぷりになる旬はいつ頃?

JIANG HONGYAN/Shutterstock.com

ヘルシーで栄養満点の山芋。では、その旬はいつ頃なのでしょうか。

山芋の旬

山芋全体としては10月~3月が旬の時期となります。中でも長芋の収穫は年に2回行われており、春堀り・秋掘りと呼ばれています。種類別には、以下の通りとなります。

・長芋:11月下旬~12月(秋掘り)・4月~5月(春掘り)
・大和芋:10月~3月
・自然薯:11月~1月

基本的には一年中、市場に出回っている食材です。そのため、いつでも手軽に食べられますが、旬の時期には、おいしく栄養たっぷりの山芋を積極的に食事に取り入れていきたいものです。
そこで、新鮮な山芋の見分け方を紹介します。お店で選ぶ時の参考にしてみてください。

新鮮な山芋を選ぶポイント

丸ごと一本の状態で売っているなら、皮に張りとツヤがあるものを選びましょう。ずっしりと重みがあり、太くまっすぐなものがおすすめです。さらに、ヒゲが少ないものを選ぶとよいでしょう。このような山芋は新鮮です。
カットされた状態で売っている山芋は、切り口に注目してください。断面が白くて、みずみずしさを保っているものがおすすめです。あとは太いものを選びましょう。

山芋の栄養を逃がさない食べ方

山芋の栄養を逃がさない食べ方

yasuhiro amano/Shutterstock.com

山芋は調理の仕方によって食感が変化します。一方、調理法によっては栄養価を損なってしまう場合があります。ここでは食べ方別に、おさえておきたい調理法のポイントを紹介します。

生で食べる

やはり生食は山芋に含まれる栄養素を損なうことなく摂取できます。すりおろして食べるのはもちろん、細く切ってサラダや和え物として使ってもよいでしょう。短冊状に切った山芋に、つぶした梅干しやわさび醤油などを和えれば、おいしいおつまみの完成です。
生で食べる時は、皮をむいたらすぐに酢水にさらして変色を防ぎましょう。10分程度、浸けておいてください。

火を通して食べる

「生で食べましょう」と言われることが多いのは、山芋に含まれる消化酵素が非常に熱に弱いためです。しかし、加熱することで食感や味わいが変化し、生とは違ったおいしさを楽しむことができるのも山芋のよさです。
例えば、輪切りにしてバターで炒めたり、ステーキ風に焼いたりすることで、ほくほく感が出ますし、すりおろした山芋を加熱すれば、ふんわりとした味わいも楽しめます。お好み焼きやグラタンなどに活用してみてください。
また、揚げ物としても山芋のおいしさは折り紙つきです。山芋(長芋)は、ほかの芋類と比べても糖質が低いので、油を使った料理もおすすめです。フライや天ぷらはもちろん、とろろ状にしたものを他の野菜と混ぜてコロッケにしてもおいしく食べられます。

生でも焼いても、揚げてもおいしく食べられる山芋。山芋の栄養を丸ごと摂取したい場合は、ぜひ生のままで食べてみてください。また、調理する場合はさっと炒める、さっと酢水に浸すなど、「さっと」を意識するとよいでしょう。加熱や水に弱い栄養素も減りにくくなります。加熱して食べる場合でも、食感や味わいの違いを楽しめますので、さまざまなレシピを活用して、山芋をおいしく食べましょう。

まとめ

山芋の栄養を効率的に摂取する食べ方やいくつかの調理法、その際のポイントも簡潔に解説しました。生でも、加熱しても食べられる山芋は、栄養も豊富でヘルシーな食材です。お気に入りの食材の1つとして、ぜひ山芋を日頃のお料理に取り入れてみてください。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事