【管理栄養士監修】意外と低い?パイナップルの糖質とカロリー

甘くておいしいパイナップル。カットパインやジュースなど、よく購入している人も多いのではないでしょうか。 この記事では、パイナップルの糖質量・カロリーをご紹介しています。パイナップルに含まれる栄養素やその効果、他の果物との比較も行っていますので、パイナップルの栄養面に興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

【管理栄養士監修】意外と低い?パイナップルの糖質とカロリー

パイナップルの糖質

パイナップルの糖質

パイナップルはブラジルが原産とされる果物で、熱帯から亜熱帯の暖かい地域で育つトロピカルフルーツの一種です。カットしてフレッシュフルーツとして食べられるのはもちろん、ジュースや缶詰、砂糖漬けなどとしても食べられています。
パイナップルの糖質量はいったいどのぐらいあるのでしょうか?文部科学省が提供している「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、パイナップル100g中の糖質量は以下の通りとなっています。

・パイナップル(生):11.9g
・ストレートジュース:11.0g
・濃縮還元ジュース:11.1g
・缶詰:19.8g
・砂糖漬け:85.5g

生のパイナップルとジュースの糖質量は11~12gです。缶詰にした場合の糖質量は20g程度で、生やジュースの場合と比べて2倍近くに増えます。砂糖漬けにした場合の糖質量は、製造過程で砂糖が追加される分、8倍近くになっています。
ちなみにパイナップル100gの量の目安は、スーパーでよく売られている一人分のカットパインが約210gなので、その半分程度です。糖質制限などを行っている人は、加工方法にもよりますが、とくに砂糖漬けのパイナップルの食べ過ぎには注意しましょう。
(参照元:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdfhttps://ryoko-club.com/food/pineapple-calorie.html

パイナップルのカロリー

パイナップルのカロリー

続いて、加工方法の種類別にパイナップル100g中のカロリーをご紹介します。

・パイナップル(生):51kcal
・ストレートジュース:41kcal
・濃縮還元ジュース:41kcal
・缶詰:84kcal
・砂糖漬け:351kcal

糖質量と同様、生やジュースの場合のカロリーはあまり高くはなく、砂糖漬けにした場合のカロリーが高いことがわかります。生のパイナップルと比較すると、砂糖漬けにした場合のカロリーは約7倍です。
(参照元:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf

パイナップルの栄養価と効能

パイナップルの栄養価と効能

次は、パイナップルに含まれる栄養価とその効能について確認してみましょう。パイナップルに含まれる特徴的な栄養素は、ビタミンB1・ビタミンC・食物繊維・ブロメライン(ブロメリン)などです。

ビタミンB1

ビタミンB1は新陳代謝を促し、疲労回復に効果があるとされる栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCは「抗酸化ビタミン」とも呼ばれるビタミンで、活性酸素の働きを抑えて動脈硬化やがん、老化の予防に効果があるといわれています。

食物繊維

食物繊維は、整腸作用、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール値を低くする働きなどがあるとされる栄養素です。日本人に不足しがちな栄養素で、とくに便秘気味の人は積極的に摂取した方がよいといわれています。

プロメライン(ブロメリン)

ブロメライン(ブロメリン)は、たんぱく質を分解する酵素です。パイナップルを食べると口の中や舌の粘膜に刺激を感じるのはこの酵素のためで、肉料理との相性がよく、消化を助けてくれます。また、肉料理の下ごしらえにも利用でき、カットしたパイナップルを肉の上に乗せたり、果汁をふりかけたりすることで肉を柔らかくする効果があります。

他のトロピカルフルーツとパイナップルを比較

他のトロピカルフルーツとパイナップルを比較

最後に、パイナップルとその他の代表的なトロピカルフルーツの糖質量・カロリーを比較します。以下はライチ、バナナ、マンゴー、ドラゴンフルーツの100g中に含まれる糖質量とカロリーです。左側が糖質量、右側がカロリーとなっています。

パイナップル(生):11.9g、51kcal
ライチ(生):15.5g、63kcal
バナナ(生):21.4g、86kcal
マンゴー(生):15.6g、64kcal
ドラゴンフルーツ(生):9.9g、50kcal

上記から、パイナップルはトロピカルフルーツのなかで、ドラゴンフルーツに続く低糖質・低カロリーの果物であることがわかります。逆にバナナは、糖質量・カロリーともに他の果物より高いです。
果物に含まれる栄養価は、それぞれに異なります。糖質・カロリーの摂り過ぎに気をつけ、自分に必要な栄養価を考えてバランスよく摂取できるとよいでしょう。また、パイナップルはジュースにしても糖質量・カロリーが高くならないので、手軽にパイナップルを摂取したいときにはジュースがおすすめです。
(参照元:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf

まとめ

この記事では、パイナップルに含まれる糖質量・カロリーを、ジュースや缶詰、砂糖漬けなど加工方法の種類別に紹介しました。パイナップルは他のトロピカルフルーツと比べて、低糖質・低カロリーな果物です。また、疲労回復を促し、整腸作用があるといわれている栄養素を多く含みます。普段食べていないという人は、ぜひ積極的に摂取してみてください。

プロフィール

監修者:遠藤 莉菜

監修者:遠藤 莉菜

管理栄養士。
管理栄養士専攻の大学を卒業し、管理栄養士国家試験資格を取得。化粧品会社に入社し、エステの施術や化粧品・サプリメントの販売を行うが、管理栄養士の資格を活かすため転職。現在は特別養護老人ホームの管理栄養士として高齢者の食事管理を行っている。
また、日本栄養士会認定栄養ケアステーションにも在籍し、休日などは時間を作り地域の栄養相談や栄養セミナーなどさまざまな栄養活動のサポートを行っている。

「食」の人気記事