【管理栄養士監修】人参の日持ちは一手間で変わる!おいしく保存するコツ

さまざまな料理で活躍する人参は、普段から常備しておきたい野菜の一つです。そんな人参ですが、どれくらい日持ちする野菜なのでしょうか。今回は人参の日持ち期間と保存方法、さらに長期保存したい場合の保存方法と、新鮮な人参の見分け方についてご紹介します。

【管理栄養士監修】人参の日持ちは一手間で変わる!おいしく保存するコツ

人参の日持ち日数の目安

人参の日持ち日数の目安

人参がどれくらい日持ちするかは、常温や冷蔵など保存状態によって異なります。まずは保存状態ごとの日持ちの目安を確認していきましょう。

常温保存:1週間
冷蔵保存:2週間~1か月
    :3~4日(カットしたもの)
    :3~4日(茹でたもの)
冷凍保存:1か月(カットしたもの)

上記からわかる通り、カットしたり茹でたりした人参は日持ちする期間がかなり短くなりますのでできるだけ早く使いきりましょう。なお、人参のグラッセやきんぴらなど、加熱調理したおかずも冷蔵室で3~4日保存できます。

人参の正しい保存方法

人参の正しい保存方法

ここからは人参の適切な保存の仕方を解説します。まずは常温、冷蔵保存の仕方を確認していきましょう。

常温保存の仕方

1.1本ずつ新聞紙で包む。
2.1を冷暗所で深めの容器などを使って立てた状態で保存する。

人参は湿気に弱く、水分が付着したところから傷んでしまうため、水分を吸収する新聞紙などで1本ずつ包みましょう。また、人参は縦に向かって成長するため、横にすると余計なエネルギー消費をして傷みが早まるので、深めの容器などを使って立てた状態で保管しましょう。

冷蔵保存の仕方

1.1本ずつ新聞紙で包み、ビニール袋に入れて軽く口を締める。
2.1を立てた状態を保つようにして野菜室に入れる。

冷蔵保存の仕方(カットしたもの)

1.カットした切り口を覆うように人参をラップで包む。
2.1を野菜室に入れる。

冷蔵保存の仕方(茹でたもの)

1.人参を調理に適した大きさに切って、固めに茹でて粗熱を取る。
2.食品保存容器やジッパー付き保存袋に1を入れ、冷蔵室に入れる。

人参を冷蔵保存する際は、野菜室を利用しましょう。ただし、茹でた人参は野菜室ではなく、冷蔵室を利用してください。

人参は湿気だけでなく乾燥にも強くありません。そのため、新聞紙で包んだあと、ビニール袋に入れましょう。ただし、ビニール袋を密閉してしまうと蒸れてしまうため、ビニール袋の口は軽く締める程度にしましょう。

カットした人参は鮮度を保つために、切り口に空気が入らないようにラップで覆いましょう。ちなみに人参はヘタに成長点があります。ヘタを残しておくと、人参が成長しようと栄養を使ってしまうため、少しだけ人参を使いたい場合は、ヘタ側から使うようにしましょう。

人参を長期保存する方法

人参を長期保存する方法

続いて、人参を長く保存する方法をご紹介します。ここでは冷凍保存に加え、ピクルス漬けや人参を干して保存する方法もご紹介します。

冷凍保存の仕方

1.人参を調理しやすい大きさに切り、固めにさっと茹でて粗熱を取る。
2.ジッパー付き保存袋に1を入れ、冷凍室で保存する。

冷凍保存の場合は、まるごと1本凍らせてしまうと使い勝手が悪いので、料理に応じた大きさに切ってから冷凍させましょう。生のまま冷凍させてもよいですが、固めに茹でておくと使いやすく、保存性も増すのでおすすめです。固めに茹でる際の目安は、強めの力で人参につまようじがささるくらいです。冷凍した人参は、凍ったまま加熱調理に利用できますが、解凍してから利用したい場合は冷蔵室に移して自然解凍するか、電子レンジで加熱して解凍しましょう。

ピクルス漬けの作り方

1.人参を好きな形に切って、ピクルス液を鍋に入れて沸騰させる。
2.瓶に1を入れ、冷ましてから冷蔵室で保存する。

ピクルス液は洋風ならワインビネガーやハーブを、和風なら米酢や昆布などを使って、自分の好みのものを作るとよいでしょう。人参はピクルス漬けにすることで、冷蔵室で約1か月保存できます。なお、瓶は必ず煮沸消毒してから使いましょう。

干し人参の作り方

1.人参を好きな形に切って、重ならないようザルやネットに並べ、日当たりと風通しのよい場所で2~3日干す。
2.瓶やジッパー付き保存袋に1を入れて冷蔵室で保存する。

干し人参は冷蔵室で約1か月保存可能です。使用する際は、そのまま煮ものに入れたり、水で20分程度戻してから炒めものに使ったりなど、さまざまなレシピで利用ができます。

新鮮な人参の見分け方

新鮮な人参の見分け方

新鮮な人参は、色ツヤがよく、表面にヒゲがあまり生えていません。また、表面がデコボコしているものよりも、なめらかなものの方が良品です。さらに人参の葉が生えていた軸の部分が小さいものほど新鮮な人参で、黒くなっているものは古いため避けるようにましょう。

まとめ

人参はきちんと保存することで常温ならおよそ1週間、冷蔵保存なら約2週間~1か月保存できます。ただし、カットした人参や茹でた人参は冷蔵保存で約3~4日しか日持ちしません。そのため、長期的に人参を保存するならば、使いやすい大きさに人参を切って茹でてから冷凍保存するか、ピクルス漬けにしたり、天日干したりして保存しましょう。そうすることで約1か月保存できます。ぜひ、これらの保存方法を上手に取り入れ、さまざまな人参料理を楽しんでみてください。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事