【料理家監修】キウイの食べ頃はいつ?追熟の仕方や保存方法についても解説!

甘酸っぱさとみずみずしさが特徴のキウイ。しかし、購入してすぐに食べると固かったり甘さが足りないと感じることもあります。そこでこの記事では、キウイの食べ頃や追熟方法を解説します。保存方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【料理家監修】キウイの食べ頃はいつ?追熟の仕方や保存方法についても解説!

キウイの食べ頃はいつ?

キウイの食べ頃はいつ?

キウイは完熟する前に収穫し、しばらく貯蔵して成熟させてから食べるフルーツです。そのためスーパーなどで購入した後も、家で追熟が必要になることがあります。

追熟が必要なフルーツはキウイのほかに、メロンやバナナ、マンゴーなどがあります。これらのフルーツは、追熟しないままだと食感が硬く、甘味も少ないことがあります。では、キウイの食べ頃はどうやって判断したらよいのでしょうか?

基本的にキウイは完熟しても皮の色が変わらないので、見た目で判断することはできません。

キウイの食べ頃は触感で判断しましょう。包み込むようにして軽く握ったときに弾力を感じたときが食べ頃です。また、頭とお尻の部分を持って軽い力を加え、柔らかさを感じた場合も食べ頃の合図になります。あまり強く握ると、傷んでしまう原因になるため、優しく握って確認するようにしましょう。

キウイをおいしく食べるための追熟の方法

キウイをおいしく食べるための追熟の方法

では、まだ食べ頃を迎えていないキウイはどのように追熟したらよいのでしょうか? ここでは、キウイをおいしく食べるための追熟の仕方を3つ紹介します。

常温に置いておく

キウイは、常温で数日置いておくだけで追熟できます。ただし、温度が低すぎたり高すぎたりすると失敗するおそれがあります。

15~20度くらいの環境で、風通しがよく直射日光が当たらない場所に置いておきましょう。

りんごなどと一緒に保存する

早く追熟させたい場合におすすめの方法です。フルーツの追熟は、エチレンガスにより促されます。

エチレンガスを発生させるりんごやバナナ、みかんと一緒にビニール袋に入れ、軽く閉じておくと、追熟を早めることができます。追熟の目安は2~3日程度です。

ちなみにバナナやみかんに比べ、りんごの方がガスをよく発生させるといわれています。また、りんごの種類によってエチレンガスの発生量が異なり、ふじよりもジョナゴールドや王林がおすすめだとされています。

専用の追熟剤を使用して追熟させることも可能です。追熟剤も追熟の仕組みはりんごと同じで、エチレンガスを発生させることにより成熟を促します。

キウイに衝撃や傷を与える

机などに軽く叩きつけて衝撃を与えたり、表面に傷をつけたりすることで、キウイがその衝撃にストレスを感じ、自らエチレンガスを発生するようになり、追熟を促すことができます。

追熟したキウイを長く保存するためには

追熟したキウイを長く保存するためには

追熟させたキウイは、すぐに食べなければ傷んでしまうのでしょうか? ここでは、追熟したキウイの日持ちの目安や正しい保存方法を確認してみましょう。

追熟させたキウイの日持ちは1~2週間ほどです。すぐに食べ切る必要はありませんが、常温に置いておくとさらに追熟が進んでしまうので、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しておきましょう。ちなみに熟していないキウイの保存期間は、常温で1ヶ月ほどです。

注意点として、キウイは-1.7度を下回ると低温障害を起こしてしまいます。低温障害になると鮮度が落ち、腐ってしまうので気をつけてください。

カットしたキウイの保存期間は?

一度カットしたキウイは、切り口から酸化が進みます。切り口を中心に全体をラップで包み、2日ほどを目安に食べ切りましょう。食べられない場合は冷凍保存するのも一つの手です。

キウイの冷凍保存方法

追熟したキウイやカットしたキウイを食べ切れない場合は、冷凍して保存しましょう。冷凍すれば1ヶ月ほど保存することができます。キウイを冷凍保存する方法は、食べやすい大きさに切ってラップをし、ジッパー付き保存袋に入れるだけです。冷凍することで甘味や色が抜けてしまうため、砂糖をまぶしてから保存するのもおすすめです。

ただし冷凍すると元の食感には戻らないため、凍ったままシャーベットとして食べたり、刻んでヨーグルトに入れたりしていただきましょう。スムージーやジャムにするのもおすすめです。

新鮮でおいしいキウイの選び方

新鮮でおいしいキウイの選び方

最後に、新鮮でおいしいキウイの選び方を紹介します。

新鮮でおいしいキウイは皮の色が均一です。また産毛がきれいに生えそろっています。皮の表面に傷やシワがなく、きれいで、ハリがあるものを選びましょう。

まとめ

この記事では、キウイの追熟方法についてまとめました。キウイは、常温保存やりんごとともに保存しておくことで、追熟させることができます。また、追熟後は冷蔵庫で保存し、早めに食べるようにしましょう。キウイを購入した際には、ぜひ試してみてください。

プロフィール

監修者:貞本 紘子

監修者:貞本 紘子

料理家。食育アドバイザー、幼児食アドバイザー。
岐阜県にて家庭料理、パン、ケーキの教室「colette」を主宰。
少人数制、初心者にも分かりやすく丁寧な指導で生徒数は6年間で述べ5500人。
「おうちご飯をもっと楽しく!」をモットーに活動中。
ブログ https://ameblo.jp/colette-cooking/

「食」の人気記事