【管理栄養士監修】りんごの日持ちは何日?【常温・冷蔵・冷凍】ごとの保存法を解説

りんごは日持ちしやすい果物ですが、保存する場所や方法を間違えると本来の保存期間よりも早く傷んでしまいます。この記事では、りんごの日持ち日数、ケース別の保存方法や長期保存するコツ、新鮮なりんごの見分け方などをご紹介しています。また、りんごをほかの野菜と一緒に保存するときのコツなどもご紹介します。

【管理栄養士監修】りんごの日持ちは何日?【常温・冷蔵・冷凍】ごとの保存法を解説

りんごの日持ち日数の目安

りんごの日持ち日数の目安

甘くて爽やかな味が魅力のりんごは、保存方法によって日持ちする日数が変わる果物です。保存できる日数の違いは、以下のように整理できます。

■りんごの保存期間
・常温(まるごと保存):1ヶ月程度
・冷蔵(まるごと保存):2ヶ月程度
・冷凍(まるごと保存):1ヶ月程度

・冷蔵(切ったりんご):1~2日
・冷凍(切ったりんご):1ヶ月程度

上記に示した日数は、適切な方法で保存した場合のものです。適温以上の場所に置いておくなど、適切ではない方法でりんごを保存すると、日持ち日数が目安よりも短くなる可能性があります。りんごを長く保存したい場合は、正しいやり方で行いましょう。

切ったりんごは日持ち日数が最も短いですが、コンポートなどの保存食に調理・加工し冷凍すると、1ヶ月ほど日持ちするようになります。切ったりんごが余ってしまった場合は、保存食レシピを参考にして調理してみるというのも1つの方法です。

正しいりんごの保存方法

正しいりんごの保存方法

りんごは主に東北地方の寒い地域で生産されている果物です。そのため、温度の低い環境で保存すると傷みにくいとされています。
より長く保存したいなら、りんごは切らずに丸ごと保存するのがおすすめです。りんごを日持ちさせる方法は状態ごとにやり方が異なるため、順番に見てみましょう。

常温保存

直射日光が当たらず、暗くて涼しい場所に保存するのが基本です。りんごは寒い環境で育つ果物なので、冬場であれば0~5℃程度の温度の低い場所に置いておけば、1ヶ月程度保存可能です。温度が18℃以上になると、傷むのが早くなるため気を付けてください。夏場は冷蔵庫に入れる方が保存しやすいでしょう。冬場でも暖房を使う暖かい部屋で保存するのは避けた方が無難です。段ボールの中に入れて保存する場合、乾燥を防ぐために一つひとつ新聞紙やキッチンペーパーで包んでおくとよいでしょう。

冷蔵保存

野菜室に入れて保存します。保存の際、そのままりんごを入れるとほかの野菜に悪影響があるため、空気を抜いて密閉するように袋に入れましょう。できれば、段ボールの中に入れて保存する場合と同様に新聞紙やキッチンペーパーで包んでください。りんごの乾燥を抑止でき、おいしさを保った状態で保存できます。

冷蔵庫へりんごをそのまま入れてはいけない理由として、りんごはエチレンガスという植物ホルモンを放出しているという点があります。エチレンガスを浴びた野菜や果物は早く傷むようになり、日持ちしにくいです。そのため、エチレンガスが野菜室の中で広がらないよう、りんごは袋で包んで密閉して保存するのがコツです。

ここで冷蔵保存の際は、エチレンの影響を抑えるためにりんごをポリ袋に入れるとよいとお伝えしましたが、エチレンガスの影響はほかの野菜だけではなく、りんご同士でもお互いのエチレンで成熟が進むとされています。
段ボールの中で保存する際も新聞紙だけでなくポリ袋に入れて保存されるとよりよいでしょう。

切ったりんごの保存

食べやすいサイズに切ったりんごが余ってしまった場合、冷蔵庫に入れて保存しましょう。保存する前に、塩水やレモン水にさらしておくと、茶色く変色してしまうのを防げます。また、りんごを半分だけ残したい場合、断面が空気に触れないようにぴったりとラップで巻いてください。冷蔵庫に入れると1~2日は日持ちしますが、切った状態ではあまり日持ちしないため、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

りんごを長期保存する方法

りんごを長期保存する方法

1ヶ月以上の長期保存がしたいなら、冷蔵や冷凍がおすすめです。りんごを丸ごと保存したい場合、冷蔵庫に入れると2ヶ月程度日持ちします。

切ったりんごの場合は、冷凍の方が長期保存できます。保存の際は、蓋付きの密閉容器の中にりんごを並べて保存してください。並べるときのコツは、りんご同士がくっつかないようにすることです。保存期間は1ヶ月程度です。注意点として、冷凍したりんごを解凍すると風味がなくなり、食感がシャーベットのような状態になります。りんごの香りやシャキシャキした食感が好きな方は、冷凍での保存はおすすめできません。

保存方法以外に気を付けたい点としては、りんごは乾燥に弱いため、保存するときの湿度にも気を配りましょう。常温または冷蔵保存するときは、湿度が高く保たれるように工夫すると、りんごのみずみずしいおいしさが長持ちします。可能なら、新聞紙やキッチンペーパーなどで1つずつりんごを包んで保存すると湿度の上がり下がりがゆるやかになり、果実の水分が失われにくいです。

りんごの品種によっても日持ち日数に違いがあります。特に蜜が多い品種は日持ち日数が短いため、早めに食べるようにしましょう。保存する場合は冷蔵保存がおすすめです。

ほかに気を付けたい点としては、りんごに傷やへこみがあると、その部分から傷みが進行しやすいです。傷などを見つけた場合は、悪くなる前に早く食べる方がよいでしょう。

新鮮&おいしいりんごの見分け方

新鮮&おいしいりんごの見分け方

スーパーなどでりんごを買うとき、鮮度がよくておいしいりんごを見分けるには、以下の点に注目して選びましょう。

■新鮮で美味しいりんごの特徴
・へたが太い
・へたや皮にハリがあり、乾燥していない
・香りがよい
・りんごがお尻まで赤い
・持った感じが重い
・傷やへこみがない

へたが太いりんごは、成長中に多く栄養が運ばれているということを示しており、甘味が強い傾向があります。また、へたや皮にハリがあり乾燥していないものは、水分を多く含んでおり、みずみずしいです。

香りがよく、お尻まで赤いりんごは熟していることの証で、鮮度が高いものが多いです。持つと重みを感じる場合、中身が詰まっていることを意味しており、食べ応えがあります。見た目に傷やへこみがないりんごは、傷口から傷みが進行しないため、日持ちしやすいです。

反対に、乾燥している・見た目が悪い・持つと軽い・赤みが少ないといった特徴を持ったりんごは、傷みやすかったり熟しきっていなかったりする可能性があるため、選ぶのを避けた方がよいでしょう。

まとめ

りんごは冷蔵で2ヶ月程度、切ったりんごは冷凍すると1ヶ月程度まで保存期間を延ばせます。保存の際は、乾燥を防ぐため、新聞紙などで包みましょう。冷蔵保存の場合、りんごを袋に入れるようにし、エチレンガスが広がらないように気を付けてください。
りんごは、少しの工夫をすることで日持ち日数を延ばせる果物です。適切に保存し、新鮮で美味しく食べましょう。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事