【管理栄養士監修】ごぼうの日持ちは何日?【常温・冷蔵・冷凍】ごとの保存法を解説

独特の香りや歯ごたえから古くから日本で親しまれているごぼう。きんぴらごぼうなどをはじめ さまざまな料理に活用されています。 スーパーなどでは、土が付いたままの状態だったり、すでにカットされていたりと、色々な姿で 見かけますね。 状態別での日持ち日数や保存方法、さらに新鮮なごぼうを選ぶためのポイントをご紹介します。

【管理栄養士監修】ごぼうの日持ちは何日?【常温・冷蔵・冷凍】ごとの保存法を解説

ごぼうの日持ち日数の目安

ごぼうの日持ち日数の目安

市販されているごぼうは、土が付いているものと皮がむかれた洗浄済のものの2種類に大別できます。皮がむかれているものは調理の手間が省けて便利です。一方で、土付きの方が鮮度を保ちやすく、風味も維持しやすい特徴があります。

常温:土付きごぼうは1ヶ月

土付きごぼうは、常温で保存することができます。冬場など気温の低い季節であれば、冷暗所(直射日光が当たらず14度以下)で新聞紙に包んでおくことで1ヶ月ほど持ちます。半分などに切った場合は、賞味期限が少し短くなることに注意してください。
洗浄済のごぼうは常温保存に適していませんので、冷蔵もしくは冷凍保存をおすすめします。

冷蔵:土付きごぼうは2ヶ月、洗いごぼうは1週間

土付きごぼうの場合は冷蔵で2ヶ月ほど保存可能です。湿気がこもってしまわないように新聞紙にくるむなどするとよいでしょう。一度包丁をいれたり、洗ったりしてあるごぼうの場合は、ラップで包んで野菜室で保存するようにしましょう。土付きのものよりは日持ちしないため、1週間ほどで使い切るするようにしてください。

冷凍:下処理をして1ヶ月

土付きごぼうでも洗いごぼうでも、食感を維持するために一度火を通しておくなど下処理をすることで、1ヶ月ほどは保存可能です。

乾燥:天日干しをして1~2ヶ月

乾燥ごぼうは、ささがきにしたものをザルに広げ、4~5日天日干しするだけで出来上がりです。しっかり乾燥すれば常温で1~2ヶ月ほど保存することが可能です。これらは料理に使うほかに、フライパンや電子レンジで煎ることでごぼう茶として楽しむこともできます。

正しいごぼうの保存方法

正しいごぼうの保存方法

細い方を下にして保存

保存するときは、ごぼうの細い方を下にして立てて保存するのが基本です。
ごぼうは通常、下に伸びて成長していきます。そのため横にして保存すると縦に伸びようと余計なエネルギーを消費してしまうので、鮮度が落ちていってしまうといわれています。

もし立てるスペースがない場合は切って保存しても構いませんが、切った断面に土をつけて新聞紙で包むようにしましょう。

土に埋めなおす

もしご自宅に庭などがある場合には、土付きごぼうを土の中に埋めなおしてあげるのもよいでしょう。2ヶ月ほど持たせることが可能です。さらに、庭に埋めなおす場合も穴を縦に掘り立てて保存することで鮮度も長く保つのに役立つとされています。

冷蔵の場合は乾燥を防ぐ

ごぼうは乾燥に弱いので、空気に触れたところから劣化してしまいます。冷蔵保存の場合は、湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋などに入れて野菜室で保存しましょう。密閉できる保存袋や蓋つきの保存容器があればベターです。

ささがきや千切りなど下処理したごぼうを薄い酢水に浸し冷蔵保存することもOKですが、酢水は毎日交換するようにしてください。またこの方法は、栄養素が酢水の方へ流出しやすいのでなるべく早めに使い切るようにするとよいでしょう。

冷凍の場合はアク抜き、熱処理しておく

ごぼうは基本的に生のままでも冷凍できますが、そのまま冷凍保存すると変色しやすく、解凍するときに食感を損なうこともあるのであらかじめ熱を加えて下処理しておくことをおすすめします。茹でるだけでなく、炒めてから冷凍することもできます。

茹でて冷凍する場合

①まず、ささがきや千切りなどをしたうえで、5分ほど水、または酢水にさらしてアク抜きをします。
②続いて1分ぐらいさっと火を通して下茹でしたあと、粗熱をとり小分けにして冷凍保存してください。一度茹でておけば味が染み込みやすくなり、調理時間の短縮にも役立ちます。

炒めて冷凍する場合

①の後に、サラダ油で軽く炒めてから、粗熱を取り、小分けにして保存してください。炒め物などに使う場合に適しています。

冷凍保存する際のコツ

水気はキッチンペーパーなどでなるべく取っておくようにしてください。ごぼうの表面に水気が残っていると、霜となり風味が落ちてしまったり、ごぼう同士がくっつき調理するときに不便になったりしてしまいます。
また冷凍する際には、袋に小分けにする時に空気を入れたままにしておき、1時間ほど冷凍させたあと袋を振って中身をばらしておきましょう。こうすることで完全に凍ったときにくっ付かず、調理で取り出すときに便利です。
さらに、冷凍するときにはなるべく薄く平らにして保存しましょう。鮮度を保つには急速に冷凍することがポイントになりますので、金属トレーの上に平に置いて凍らせるのがおすすめです。

ごぼうを長期保存する方法

ごぼうを長期保存する方法

常温や冷蔵でも方法によっては1ヶ月、2ヶ月ほどは保存可能ですので、ご自身がやりやすい方法でよいでしょう。しかし、一度包丁をいれたごぼうは、冷蔵では1週間となるので冷凍することで1ヶ月近く保存が可能となります。

新鮮&おいしいごぼうの見分け方

新鮮&おいしいごぼうの見分け方

土付きか洗ったものか

基本的には、土付きの方が栄養素や水分が抜けにくいため日持ちします。用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

サイズ

ごぼうは太くなると空洞ができるようになるため、太さが10円玉くらいの、中くらいで、全体的に均一の太さのものを選ぶとよいでしょう。

見た目

縦に亀裂がはいったものや先端がしおれているものは鮮度が落ちてしまっている可能性があるため、まっすぐ伸びていて、ひげ根が少ないものを選びましょう。

触感

表面が固くしまっているものほどよいです。
柔らかくなっていたり、軽すぎたりするものは水分が抜けてしまっている可能性があります。

まとめ

新鮮でおいしいごぼうを、より長く楽しむためのポイントは以下の3点です。
・土付き、10円くらいの均一の太さ、ひげ根が少ない、表面が固くしまっているごぼうを選ぶ
・常温、冷蔵保存の場合は乾燥を防ぎ、立てて保存する
・冷凍保存の場合は、アク抜き、熱処理しておく
これらの方法を参考にしながら、色々なごぼうレシピに挑戦してみてくださいね。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事