【管理栄養士監修】ウインナーの糖質はどのくらい?高カロリーに気を付けて

パリッとジューシーなウインナーは、子どもから大人まで大人気の食材。しかしウインナーは牛肉や豚肉などの加工品です。糖質やカロリー、そして栄養面が気になっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、気になるウインナーの糖質やカロリー、そして栄養と効能についてご紹介します。

【管理栄養士監修】ウインナーの糖質はどのくらい?高カロリーに気を付けて

【種類別】ウインナーの糖質量はどれくらい?

【種類別】ウインナーの糖質量はどれくらい?

まずは、ウインナー100gあたりの糖質量を見てみましょう。ウインナーはソーセージ(腸詰め)の一種です。ソーセージは太さや製法によってさまざまな種類があるので、今回は次の4つに分けて見ていきます。

・ウインナー(羊の腸を使用したもの、または太さ20mm未満のもの)
・フランクフルト(豚の腸を使用したもの、または太さ20mm~36mmのもの)
・ボローニャ(牛の腸を使用したもの、太さ36mm以上のもの)
・ドライ(ソーセージを乾燥させて水分35%以下にしたもの)

まずはウインナーの糖質量ですが、100gあたり2.3gという結果でした。ウインナー1本の重さは15g前後のため、1本分(15g)では0.3gとなります。フランクフルトの糖質量は100gあたり6.2g、ボローニャは2.9g、ドライは2.6gという結果でした。
4つの中ではフランクフルトの糖質量が最も多く、1本(50g)あたり3.1gとなります。最も低いのがウインナーソーセージでした。最近では糖質ゼロ(オフ)のウインナーもあるので、糖質制限中の方はこうした商品を選ぶのもよいでしょう。

(引用元:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/30/1365343_1-0211r8_1.pdfhttps://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/kikaku_04_soseji_160224.pdf#search='%EF%BC%AA%EF%BC%A1%EF%BC%B3%E8%A6%8F%E6%A0%BC%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%80%81%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8'

【種類別】ウインナーのカロリーはどれくらい?

【種類別】ウインナーのカロリーはどれくらい?

では、ウインナー100gあたりのカロリーはどうでしょうか。糖質と同じく他の種類のソーセージであるフランクフルト、ボローニャ、ドライと一緒に見ていきます。
まずはウインナーのカロリーですが、100gあたりの331kcalという結果でした。1本分(約15g)に換算すると50kcalとなります。一方でフランクフルトは100gあたり298 kcal、ボローニャは251kcal、ドライは495kcalという結果でした。糖質は低めのドライソーセージですが、脂質やタンパク質が多いためカロリーは4つの中で最も高くなっています。
1〜2本であれば問題はありませんが、それ以上食べるとカロリーオーバーとなる可能性があります。ダイエット中の方は食べ過ぎないようにしましょう。
(引用元:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/30/1365343_1-0211r8_1.pdf

ウインナーに含まれる栄養と効能

ウインナーに含まれる栄養と効能

子どもにも好まれるウインナーですが塩分や脂質が多いため、食べ過ぎは禁物です。しかし、ウインナーには身体にとって大切な栄養素もたくさん含まれています。

動物性タンパク質

食肉から作られるウインナーには、動物性タンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉や骨、血液の元となる栄養素で、健康維持に欠かせません。ウインナーは食事にも取り入れやすく、傷ついた筋肉の修復にも役立つため、筋トレ愛好家にも人気があります。ダイエット中は野菜中心の食事に切り替える方もいますが、動物性と植物性のタンパク質をバランス良く取ることも大切です。
またウインナーはコンビニなどでも1パック150円程度で販売しているので、一人暮らしの方でも簡単に動物性タンパク質を摂取できるでしょう。

ビタミンB群

ウインナーは、ナイアシンやパントテン酸などビタミンB群が豊富な食材です。特に豚肉を使ったウインナーにはビタミンB1が多く、糖質のエネルギー変換や疲労回復に効果があるといわれています。また「発育のビタミン」といわれるビタミンB2も含まれており、成長や細胞の再生を促すのにも役立つことが考えられます。

鉄分

ウインナーには鉄分も含まれています。赤血球を作る働きのある鉄分には、貧血を防ぐ効果が期待されます。ただし、加工食品によく使用される添加物「リン酸塩」には、鉄の吸収を阻害する働きがあるためくれぐれも摂り過ぎには気をつけたいところです。

ウインナーの糖質・カロリーと肉類を比較

ウインナーの糖質・カロリーと肉類を比較

最後に、ウインナーと牛肉、豚肉、鶏肉の糖質・カロリーを比べてみましょう。おさらいになりますが、ウインナー100gあたりの糖質量は2.3g、カロリーは331kcalです。

牛肉

牛肉(リブロース、脂身つき、生)の糖質量は、100gあたり0.1gです。ウインナーと比べるとかなり低い水準です。なお、ステーキ1人前に使われる牛肉は150g前後なので、1人前(150g)に換算すると0.2gとなります。
一方でカロリーは100gあたり573kcalで、ウインナーよりもかなり高い水準です。ステーキ1人前(150g)は860kcalにもなり、非常に高カロリーです。

豚肉

豚肉(ロース、脂身つき、生)の糖質量は、100gあたり0.2gです。牛肉(リブロース)よりはわずかに多めですが、ウインナーと比べると低い水準です。例えば生姜焼き1人前に使われる豚肉は100~150gなので、1人前に換算すると0.2~0.3g程度となります。
カロリーは100gあたり263kcalで、こちらもウインナーよりも低い水準です。1人前の分量(100~150g)では263~395 kcal程度となります。

鶏肉

鶏肉(もも、皮つき、生)の糖質量は、100gあたり0.0gで、糖質を全く含みません。ただし、唐揚げやタレ付きの焼き鳥など調理法によっては糖質が増えるため注意しましょう。
カロリーは100gあたり204kcalで、やはりウインナーよりも低い水準です。唐揚げ1人前に使われる鶏肉は150g前後なので、1人前(150g)に換算すると306kcalとなります。

(引用元:https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/30/1365343_1-0211r8_1.pdf

まとめ

今回はウインナーの糖質やカロリー、栄養素について解説しました。他の肉類と比較するとウインナーは糖質、カロリーともにやや高めの水準なので、食べ過ぎには注意が必要です。一方で身体に必要な栄養素もたくさん含まれています。手に入りやすく調理も簡単な食材なので、ダイエット中は野菜と一緒に食べることなどを意識しながら、ぜひ食事に取り入れてみてください。

プロフィール

監修者:横川 仁美

監修者:横川 仁美

管理栄養士。食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。
また、健康食育シニアマスターやマイ穀スタイリスト、ヘルスケア栄養ライターの資格も保有。

「食」の人気記事