【管理栄養士監修】ココアに含まれる糖質やカロリーは?ココアの健康効果と栄養素も解説

甘くてほろ苦いココアは、小さな子どもからお年寄りまで人気の飲み物です。しかし、昨今の健康ブームからココアの糖質やカロリー、成分が気になる方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、ココアの糖質、カロリー、成分を解説します。また、糖質制限中にもおすすめのレシピもご紹介します。

【管理栄養士監修】ココアに含まれる糖質やカロリーは?ココアの健康効果と栄養素も解説

ココアの糖質はどれくらい?

ココアの糖質はどれくらい?

まずはココアの糖質量を確認していきましょう。

■ココア100g中の糖質量
・ピュアココア:18.5g
・ミルクココア:74.9g

【参考】文部科学省:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

ミルクココアの糖質量は、ピュアココアの約4倍になります。ミルクココアには、砂糖などが添加されているため、無添加のピュアココアに比べると糖質量が高くなってしまいます。

なお、それぞれのココア1杯分の糖質を見ていくと、ピュアココア(ココア5g、牛乳150ml、砂糖7g使用)は15.1g、ミルクココア(ココア20g、牛乳150ml使用)は22.2gとなります。
ピュアココアを使ってココアを作るときは、加える砂糖の量を少なくしましょう。ココアはつい甘くしてしまいがちですが、糖質を抑えたいなら、できるだけ砂糖を使わずに作るのがベストです。糖質オフがかなうだけでなく、ココア本来の味と甘くほろ苦い香りが楽しめますよ。

ココアのカロリーはどれくらい?

ココアのカロリーはどれくらい?

次にカロリーをチェックしていきましょう。

■ココア100g中のカロリー
・ピュアココア:271kcal
・ミルクココア:412kcal

【参考】文部科学省:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

さらにココア1杯分のカロリーも見てみましょう。
ピュアココア(ココア5g、牛乳150ml、砂糖7g使用)の場合は142kcal、ミルクココア(ココア20g、牛乳150ml使用)の場合は183kcalになります。

粉末状のココアのカロリーは、ミルクココアがピュアココアの約1.5倍あります。飲み物の状態になると、ピュアココアに砂糖が加わることで両者のカロリーの差は少なくなりますが、どちらもそこそこカロリーが高いため、カロリー制限をしている方でどうしてもココアが飲みたくなったら、ピュアココアをお湯で割って飲むといいでしょう。

ココアに含まれる栄養素

ココアに含まれる栄養素

ココアはおいしいだけではなく、体に有益に働く成分がたくさん含まれています。

カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、強い抗酸化作用が期待できる栄養成分です。その働きから「ココア=健康によい」というイメージがある方も多いかもしれません。実際に抗酸化作用の他、血行をよくする作用、血糖値の上昇を抑える作用があります。

テオブロミン

テオブロミンはココアやチョコレートに含まれる、独特の甘い香り成分です。血管を拡張させる働きがあり、血行促進が期待できます。

ミネラル

ココアには食物繊維であるリグニンが豊富で、便通改善に期待ができます。また、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルも多く含有しています。

からだシフト「ココアカップケーキ」でおいしく糖質オフ

からだシフト「ココアカップケーキ」でおいしく糖質オフ

ココアと「からだシフト 糖質コントロール ホットケーキミックス」を使った糖質オフレシピをご紹介します。糖質を抑えたいけど甘いものがどうしても食べたい…そんな日に、手軽なご褒美としていかがでしょうか。

材料(上部直径6.5cm、底部直径4.5cm、高さ3.5cmのカップ4個分)

糖質コントロール ホットケーキミックス 75g
ラカント(甘味料) 15g
無塩バター 25g
卵 1/2個
牛乳 75ml
ココアパウダー 10g

※糖質量<1個分>7.4g(ラカントは糖質0で計算。ラカントの代わりに普通の砂糖を使うと11.2g)/1個分あたり糖質50.5%OFF(本品以外のホットケーキミックスを使用した場合のレシピとの比較)

作り方

1 無塩バターは液状に溶かしておく。オーブンは170℃に予熱しておく。
2 ボウルに卵、ラカント、1の溶かしたバターを加えて泡立て器で混ぜ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。ホットケーキミックスとココアをふるい入れてさらに混ぜる。
3 型に2を4等分ずつ入れ、170℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く。

糖質オフのホットケーキミックスを使うことで、手軽に糖質を抑えたお菓子が作れます。また、ラカントを使うことでさらに糖質が抑えられますよ。糖質制限中に甘いものが食べたくなったときにおすすめのレシピです。

<出典>ココアカップケーキ

まとめ

ココアはダイエット中や糖質制限中には不向きと思われがちです。しかし、ピュアココアを上手に使うことでダイエットや糖質制限の最中でも楽しめます。また、ココアはカカオポリフェノールなど体の中で有益に働く成分をたくさん含んでいるため、ぜひ、食生活に取り入れたい食品です。飲み物だけではなく、今回ご紹介したレシピを参考に、ココアを使ったお菓子作りもおすすめですよ。

プロフィール

監修者:青木貴子

監修者:青木貴子

管理栄養士 一児の母
離乳食を通して見える子どもの成長を多くの人に知ってもらいたい!一度しかない離乳食期を楽しく過ごしてもらいたい!という思いから、フリーの栄養士として活動中。
食関連の記事執筆や、離乳食・栄養相談も行う。
日々の食事に関することから食材の使い方、ダイエットに関することまで、食にまつわる知識を幅広く発信している。

「食」の人気記事