【管理栄養士監修】ドレッシングの糖質・カロリーを種類別に比較! 栄養素やおすすめ商品も紹介

糖質やカロリーをコントロールしたいときに、よく食べることのあるサラダ。この記事では、サラダに欠かせないドレッシングの糖質やカロリーを、詳しく解説していきます。さらに、ドレッシングの栄養素や糖質オフ、カロリーオフのコツもお伝えします。また、糖質コントロール中におすすめの商品もご紹介します。

【管理栄養士監修】ドレッシングの糖質・カロリーを種類別に比較! 栄養素やおすすめ商品も紹介

ドレッシングの糖質を種類ごとにチェック

ドレッシングの糖質を種類ごとにチェック

まずはドレッシングの種類別に、含まれる糖質量を確認してみましょう。

■ドレッシング大さじ1杯(15g)中に含まれる糖質量  
・フレンチドレッシング:0.9g
・和風ドレッシング:0.8g
・ごまドレッシング:2.6g
・サウザンアイランドドレッシング:1.4g

【参考】文部科学省:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

実際に使う量で換算すると、ドレッシングの糖質量は思いのほか低いことがわかります。糖質コントロール中でも、絶対摂ってはいけないものではありません。
ただし、油不使用のドレッシングは少し注意が必要です。ヘルシーなイメージがありますが、実は意外に多くの糖質が含まれています。これは油を抜いている分、うまみが減ってしまい、それを補うために糖質を多く追加しているためです。カロリーが抑えられる油不使用のドレッシングですが、糖質コントロールを行う際は糖質量をしっかりチェックしましょう。

ドレッシングのカロリーどれくらい?

ドレッシングのカロリーどれくらい?

次に、ドレッシングに含まれるカロリーを詳しく見てみましょう。

■ドレッシング大さじ1杯(15g)中に含まれるカロリー
・フレンチドレッシング:61kcal
・和風ドレッシング:30kcal
・ごまドレッシング:54kcal
・サウザンアイランドドレッシング:62kcal

【参考】文部科学省:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

ドレッシングには油が多く含まれているため、大さじ1杯(15g)であっても高カロリーなのがわかります。そんな中でも和風ドレッシングは比較的カロリーが低く、ほかのドレッシングの半分程度です。

カロリーを抑えるコツは、当然ですが、かけ過ぎないこと。サラダを食べて低カロリーの食事を心がけていても、ドレッシングをたっぷりかけてしまっては、逆に高カロリーになってしまうことがあります。かける量は控えめにするよう注意しましょう。
また、ドレッシングの代わりにポン酢(15g当たり7kcal)を使うのもおすすめです。どうしても物足りない場合には、塩やポン酢にオリーブオイルをプラスしてもよいでしょう。ただし、こちらも摂り過ぎると高カロリーになるため注意が必要です。

ドレッシングに含まれる栄養素

ドレッシングに含まれる栄養素

続いて、ドレッシングに含まれる栄養素を詳しく見ていきましょう。

脂質

サウザンアイランドドレッシングやフレンチドレッシングは特に脂質が多く、半分近くを占めています。それに比べ、和風ドレッシングとごまドレッシングは比較的脂質は低めです。
脂質は、体を動かしたり体温を調節したりするなどエネルギー源となるだけでなく、ホルモンや細胞組織の材料にもなるため健康に欠かせない栄養素ですが、摂り過ぎると肥満の原因となるため注意しましょう。

食物繊維

食物繊維は、便秘の予防や血中コレステロールを下げる効果が期待できます。ごまドレッシングにはごまがたくさん使われているため、食物繊維だけでなく、たんぱく質も豊富に含まれています。

ドレッシングを選ぶ際は、糖質・カロリーだけではなく、栄養面も意識してみると良いですね。

からだシフト「ドレッシング」でおいしく糖質オフ!

糖質コントロール中の方におすすめのドレッシングを3つご紹介します。それぞれ味わいが異なるので、その日の気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

からだシフト「あっさり和風ドレッシング」

からだシフト「あっさり和風ドレッシング」

糖質は50%オフ(※)、一食(15g)あたりの糖質量は0.15gと、とても低くなっています。かつお風味のあっさりとした味わいで、野菜だけではなく、お肉とも相性が抜群ですよ。

<出典>からだシフト 糖質コントロール あっさり和風ドレッシング

※日本食品標準成分表 2015年版(七訂) ドレッシング類/フレンチドレッシング 比較

からだシフト「焙煎ごまドレッシング」

からだシフト「焙煎ごまドレッシング」

ごまドレッシングは一般的に糖質が高めになりがちですが、こちらのドレッシングは糖質60%オフ(※)、一食(15g)あたりの糖質量は0.23gです。
焙煎した香ばしいごまを使用して、クリーミーな口当たりに仕上げています。低糖質でも満足感のあるドレッシングなので、サラダだけでなく、麺類の味付けにもおすすめですよ。

<出典>からだシフト 糖質コントロール 焙煎ごまドレッシング

※日本食品標準成分表 2015年版(七訂)ドレッシング類/ごまドレッシング 比較

からだシフト「シーザーサラダドレッシング」

からだシフト「シーザーサラダドレッシング」

糖質は50%オフ(※)、一食(15g)あたりの糖質量は0.23gです。チーズの濃厚な味と魚介の風味が特徴のドレッシング。このドレッシングを使うだけで、食べ応えのあるサラダが出来上がりますよ。

<出典>からだシフト 糖質コントロール シーザーサラダドレッシング

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)ドレッシング類/フレンチドレッシング 比較

まとめ

糖質やカロリーをコントロールするときのお役立ちメニューとなるサラダに欠かせないドレッシングは選び方、使い方次第では、糖質もカロリーも高くなってしまうことがあります。かける量を控えめにしたり、糖質オフの商品を使ったりすることで、より手軽でヘルシーに糖質コントロールができます。上手にドレッシングを使って、無理なく糖質コントロールを続けましょう。

プロフィール

監修者:青木貴子

監修者:青木貴子

管理栄養士 一児の母
離乳食を通して見える子どもの成長を多くの人に知ってもらいたい!一度しかない離乳食期を楽しく過ごしてもらいたい!という思いから、フリーの栄養士として活動中。
食関連の記事執筆や、離乳食・栄養相談も行う。
日々の食事に関することから食材の使い方、ダイエットに関することまで、食にまつわる知識を幅広く発信している。